観光庁長官登録旅行業第1969号

豊かな文化遺産、スリランカ旅行専門サイト|株式会社ユー・ツアー・サービス

名古屋店 052-963-9500 東京店 03-5425-2905
営業時間 月~金 9:30~18:30 土 9:30~15:30 日祝休み
ヤーラ国立公園

ツアー概要

ヤーラ国立公園とは?

スリランカのサファリと言えばヤーラ国立公園!(別名ルフナ国立公園)
スリランカ南部に位置し、観光客が最も多く訪れる国立公園です。
入口は2つあり、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴという5つのブロックに分かれています。

ヤーラ国立公園には215種類の鳥類と44種類の哺乳類が生息しており、特にヒョウの数が多いことで有名です。
約25~35頭のヒョウが生息しており、世界の中でも密集度が高いと言われています。ヒョウの他にもクマ、ゾウ、ワニ、イノシシ等様々な種類の動物が生息しているため、スリランカのサファリを満喫していただける代表的な国立公園です。

広さ:約9万ヘクタール
拠点となる町:ティッサマハーラーマ
ベストシーズン:1月~6月(※8月下旬~10月中旬は閉鎖されます。)
動物:ヒョウ、ゾウ、クマ、ゾウ、水牛、フラミンゴ、ワニ、鳥類、シカ、イノシシ、キツネ、サル

☆ヤーラ国立公園含む、その他野生動物観察のベストシーズン一覧はこちら

ツアー・ホテル情報

  • ヤーラ国立公園を含むツアーはこちら
  • 周辺エリアのホテル情報はこちら

アクティビティ

ss-p6106247

スリランカのサファリと言えばジープサファリが主流です。
ベストな時間帯は、動物に遭遇できる確率の高い早朝と夕方の2回で、1回の所要時間は約2~3時間です。車のスピードはゆっくりで、ネイチャーガイドとドライバーが動物を探しながら進んでいきます。

動物を見つけても騒がず静かに観察し、車の外へは絶対に出ないようにして下さい。ルールをしっかり守って野生動物観察を楽しみましょう。

 

ジープサファリ参考スケジュール

 

ゲートをくぐり出発!
ジープで進んで行きます
広大な国立公園内
ビーチで休憩タイム
可愛いシカの群れ
帰り道の美しい夕陽

早朝のジープサファリは05:30頃、午後のジープサファリは13:00~15:00頃出発します。
ゲートをくぐり、いざサファリへ!舗装されていない道をどんどん進んで行きます。
ドライバーと優秀なネイチャーガイドが長年の経験と勘を頼りに、遠くにいる動物や茂みに隠れた動物を見つけてくれます。お見逃しなく!

1回のサファリは約3時間と長時間のため、途中ビーチで休憩があります。ジープに揺られるのも体力を消耗するので、しっかり水分をとってリラックスし、身体を休めるようにしましょう。

広い水場には野鳥や水牛、ワニなど多くの動物が集まってきます。ヒョウやクマを見つけたときは、ガイド同士が連絡を取り合い、各ジープが集まってくるので、順番に観察しましょう。目撃情報があった場所に待機し、ヒョウが出てくる一瞬のシャッターチャンスを狙います!
午後のジープサファリでは、最後を飾る美しい夕焼けも見どころです。

ヤーラ国立公園で見つけた動物

  • leopard

    遠目に見ることができたヒョウ

  • ss-p6106176

    入口付近で遭遇したジャッカル

  • p156106184

    色鮮やかなミドリハチクイ

  • ss-p6106224-130

    ゾウの親子

  • ss-p610625117

    中央に見えるワニ

  • ss-p6106262

    間近にやってきたイノシシ

実際の映像はこちら

服装・持ち物について

  • 動物を刺激しないために、目立たない色の服装がベターです。
  • 早朝は涼しくなるので着脱可能な長袖や、雨具もご用意ください。
  • 双眼鏡や望遠レンズがあるとよりお楽しみいただけます。

アクセス方法

拠点となる街:ティッサマハーラマ
ゴールから車で約4時間

国立公園サファリ
このページの先頭へ
ホーム
会社情報
会社概要
個人情報保護方針
旅行業約款・旅行条件書
メディア・取材撮影
コーディネート
お問い合わせ
スリランカの楽しみ方
国立公園サファリ
世界遺産シンハラージャの森
ネイチャー&マリンライフ
ビーチリゾート&ダイビング
シギリヤを含む文化三角地帯
ヌワラエリヤを含む中央高原
アーユルヴェーダ
おすすめホテル
ご予約について
仮予約システムについて
お申し込みから出発までの流れ
オーダーメイドツアーのご相談
ご来店予約